コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パトリモニアルシー パトリモニアルシー patrimonial sea

1件 の用語解説(パトリモニアルシーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パトリモニアルシー
パトリモニアルシー
patrimonial sea

世襲水域,固有水域などと訳される。 1972年6月の「海洋問題に関するカリブ海諸国専門会議」のサント・ドミンゴ宣言で提案された水域。沿岸国は 12カイリ領海の外側に基線から 200カイリまでの海域をパトリモニアルシーとして,その水中・海底および地下にあるすべての天然資源に対して主権的権利を有するという構想である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パトリモニアルシーの関連キーワード汚濁負荷量漁業水域経済水域専管水域水域冷水域海洋保護区法令適用除外水域特定水域排他的経済水域(EEZ)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone