コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パドモア パドモア Padmore, George

4件 の用語解説(パドモアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パドモア
パドモア
Padmore, George

[生]1902/1903. タカリグア
[没]1959.9.23. アクラ
1930年代後半から 50年代末期にかけての代表的な汎アフリカ主義者。本名 Malcolm Ivan Meredith Nurseトリニダード出身のアフリカ系人。パンフィリアン高校を卒業し一時出版社に勤務。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

パドモア

1930年代後半から1950年代末期に活躍した代表的パン・アフリカニスト。トリニダード出身のアフリカ系人で本名マルコムナースMalcolm Nurse。米国留学中に米国共産党入党,のちコミンテルンで活動。
→関連項目西アフリカ学生同盟

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

パドモア【George Padmore】

1902か03‐59
1930年代半ばから50年代末期にかけて活躍した代表的パン・アフリカニスト。トリニダード出身の黒人で,本名マルコム・ナースMalcolm Ivan Meredith Nurse。1924年に渡米してハワード大学などで学び,27年アメリカ共産党に入党した。29年以降は主としてヨーロッパを舞台に共産主義運動と黒人運動を結びつける努力を続け,赤色労働組合インター(プロフィンテルン)の黒人ビューロー議長も務めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パドモア
ぱどもあ
George Padmore
(1903―1959)

アフリカ解放運動の指導者。本名はMalcom Nourse。1903年西インド諸島のトリニダードで生まれ、アメリカで育った。フィスク大学で歴史学と政治学、ハワード大学で法律学を修めた。早くから汎(はん)アフリカ運動に参加、彼がドイツで発行していた新聞『黒人労働者』の反ナチス的記事のため1933年逮捕された。終始エンクルマのガーナ政府の熱心な協力者として活躍、パン・アフリカニズムの理論家として、とくに英語を話すアフリカ諸国の若手ナショナリストに影響を与えた。主著は『ゴールド・コーストの革命』(1953)、『パン・アフリカニズムかコミュニズムか』(1956)。[柴田平三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パドモアの関連キーワード馮鏡如コルベットソバージュサーク就職氷河期スケーエンバブル時代東洋の奇跡相馬土垂コーマン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

パドモアの関連情報