コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パビ Auguste Jean Marie Pavie

世界大百科事典 第2版の解説

パビ【Auguste Jean Marie Pavie】

1847‐1925
フランスの植民地官吏,探検家。1869年フランス領コーチシナへ軍人として赴いた。79年プノンペン~バンコク間の電話線敷設に従事し,同時にインドシナ各地を探検,調査し,民族,言語,文化,自然科学に興味をもった。86年ラオスのルアンプラバンの副領事に就任し,87年にホー族がルアンプラバンを襲撃した際にはウン・カム王を助けて脱出し,王の信頼を得た。また北部ラオスのミヤオ族やタイ族の地域を踏査し,のちのフランス領ラオスの基礎を固めた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

パビの関連キーワードサータマンミニインドネシアインダーサンミケーレマッジョーレ教会スリープ・トレイン・アリーナ大垣市スイトピアセンターエピファニウス[パビア]ベネチア・ビエンナーレグラント・パーク音楽祭チェルトーザディパビアジュリオ トレモンティ北海道上川郡上川町栄町滋賀県長浜市高月町唐川ベネチアビエンナーレC. ロンブローゾ愛・地球博記念公園キンタノルマル公園バリシップ2011ケイパビリティースパランツァーニユーグ[アルル]

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android