コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パビ Auguste Jean Marie Pavie

1件 の用語解説(パビの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

パビ【Auguste Jean Marie Pavie】

1847‐1925
フランスの植民地官吏,探検家。1869年フランス領コーチシナへ軍人として赴いた。79年プノンペンバンコク間の電話線敷設に従事し,同時にインドシナ各地を探検,調査し,民族,言語,文化,自然科学に興味をもった。86年ラオスルアンプラバンの副領事に就任し,87年にホー族がルアンプラバンを襲撃した際にはウン・カム王を助けて脱出し,王の信頼を得た。また北部ラオスのミヤオ族やタイ族の地域を踏査し,のちのフランス領ラオスの基礎を固めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

パビの関連キーワードアルジェガボンギニアケープ植民地植民地フランス領インドシナマルセイユ半植民地ルイジアナ西貢

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

パビの関連情報