コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パビ Auguste Jean Marie Pavie

世界大百科事典 第2版の解説

パビ【Auguste Jean Marie Pavie】

1847‐1925
フランスの植民地官吏,探検家。1869年フランス領コーチシナへ軍人として赴いた。79年プノンペン~バンコク間の電話線敷設に従事し,同時にインドシナ各地を探検,調査し,民族,言語,文化,自然科学に興味をもった。86年ラオスのルアンプラバンの副領事に就任し,87年にホー族がルアンプラバンを襲撃した際にはウン・カム王を助けて脱出し,王の信頼を得た。また北部ラオスのミヤオ族やタイ族の地域を踏査し,のちのフランス領ラオスの基礎を固めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

パビの関連キーワードサータマンミニインドネシアインダーサンミケーレマッジョーレ教会スリープ・トレイン・アリーナエピファニウス[パビア]グラント・パーク音楽祭滋賀県長浜市高月町唐川ベネチア・ビエンナーレ北海道上川郡上川町栄町チェルトーザディパビアベネチアビエンナーレインターネット博覧会バリシップ2011愛・地球博記念公園スパランツァーニユーグ[アルル]ロンバルディア州ケイパビリティーイビラプエラ公園サンテレーヌ島

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android