コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パフアダー Bitis arietans; puff adder

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パフアダー
Bitis arietans; puff adder

トカゲ目クサリヘビ科。体長 1.2mに達する大型のクサリヘビ。頭が大きく,,尾とも太短い。体は褐色で,暗色の山形模様をもつ。小哺乳類,鳥類,トカゲなどを捕食し,獲物が小さいときには毒牙を使わずにまるのみにする。胴が太いので獲物を締めつける力はなく,移動も蛇行運動にはよらずにイモムシ式の波状運動で行う。威嚇するときは,胴をふくらませて大きい音を出す。この習性が英名の由来である。卵胎生。サハラ砂漠以南のアフリカに広く分布し,モロッコにも小さい棲息地がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パフアダー
ぱふあだー
puff adder
[学]Bitis arietans

爬虫(はちゅう)綱有鱗(ゆうりん)目クサリヘビ科のヘビ。同科クサリヘビ亜科に属する有毒種で、アフリカ、アラビア半島に分布し、熱帯降雨林と砂漠を除く広い地域に生息する。全長90~120センチメートル、頭部は幅広い三角形で、胴が太く尾は短いずんぐり形をしている。地上性で体背面は灰褐色地に幅広い暗褐色の帯状斑紋(はんもん)が並び、サバンナなど生息地では見分けにくい。行動は鈍いが攻撃はすばやく、被害が大きい。毒牙(どくが)は長い管牙で、主成分の強い出血毒のほか神経毒も多く含まれ、きわめて危険である。興奮すると胴を膨らませ、シューッと音をたてて威嚇する。卵胎生で、平均20~40頭、多いものは80頭ほどの子ヘビを産む。餌(えさ)はネズミ、鳥、トカゲ、カエルなどである。[松井孝爾]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android