コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パラメシュバラ Paramesvara

1件 の用語解説(パラメシュバラの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

パラメシュバラ【Paramesvara】

?‐1413?
ムルカ王国の建設者。14世紀後半におそらくスマトラ島パレンバンの王族,もしくは貴族の子として生まれたらしい。1380年ころジャワ島マジャパイト王国がパレンバンを攻撃した際に同地を逃れ,90年ころマレー半島南端近くのマラッカに移り,ここでマラッカ王国を建てたものと考えられる。彼の存在が確実に知られるのは1405年が最初で,当時この地域を訪れた明の鄭和(ていわ)の艦隊との接触を通じて中国の朝貢国となり,11年にはみずから中国を訪れている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のパラメシュバラの言及

【ムラカ王国】より

…ムラカにも古く都市,もしくは王国があったことは確かであるが,詳しいことはわかっていない。 14世紀末,おそらく1390年ころスマトラ島のパレンバン出身のパラメシュバラがマレー人を従えてムラカに定住し,ムラカ王国を建てた。彼は初めマラッカ川上流のブレタンに定住してここを開墾し,同時に河口の丘に王宮を建て,ブレタンの開墾地を守ると同時に,スズの交易や海賊活動を行っていたらしい。…

※「パラメシュバラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

パラメシュバラの関連キーワードカドモスクイリヌスセレウキアファイサルベルダン条約マリョルカ島ムルマンスクスリュムルネムルト湖けむるランプ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone