パリティー価格(読み)パリティーカカク

デジタル大辞泉の解説

パリティー‐かかく【パリティー価格】

parity price
転換社債ワラント債などが割高か割安かを判断する基準となる理論価格。
その生産に必要な資材の価格変動に比例して計算された、ある商品の販売価格。農産物の価格統制の基準としてしばしば用いられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android