パリティ保存則(読み)パリティほぞんそく(英語表記)law of parity conservation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パリティ保存則
パリティほぞんそく
law of parity conservation

物理法則が左右対称であれば,量子力学系のパリティはよい量子数であり,時間とともに不変であるという法則。しかし,β崩壊など弱い相互作用による現象では,この保存則が成り立たないという考え,すなわちパリティの非保存という考えが,李政道楊振寧によって 1956年に提出され,実験で確認された。この業績により,57年2人にノーベル物理学賞が授与された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

法則の辞典の解説

パリティ保存則【law of conservation of parity】

系の最初の状態を記述する波動関数が偶のパリティをもっているならば,最終状態の波動関数も同じく偶のパリティをもっている.最初の波動関数が奇のパリティならば,最終状態も奇のパリティの波動関数となる.弱い相互作用においてはこれが成り立たないことも知られている.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android