コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パンノンハルマのベネディクト会修道院とその自然環境 パンノンハルマのベネディクトかいしゅうどういんとそのしぜんかんきょう

世界遺産詳解の解説

パンノンハルマのベネディクトかいしゅうどういんとそのしぜんかんきょう【パンノンハルマのベネディクト会修道院とその自然環境】

1996年に登録されたハンガリーの世界遺産(文化遺産)で、同国北西部に位置する。996年に建てられた国内最古の修道院には、13世紀に建設されたクリプトを含むバシリカ式聖堂や、回廊、36万冊の蔵書を擁する付属図書館、バロック様式の会食堂、19世紀半ばに建てられた高さ55mの時計塔などが残っている。植物園も付設されて薬草や貴重種が育てられるなど、建物群などの文化価値とともに自然環境の豊かさも評価され、世界遺産に登録された。◇英名はMillenary Benedictine Abbey of Pannonhalma and its Natural Environment

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

パンノンハルマのベネディクト会修道院とその自然環境の関連キーワードパンノンハルマ修道院

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android