パンノンハルマのベネディクト会修道院とその自然環境(読み)パンノンハルマのベネディクトかいしゅうどういんとそのしぜんかんきょう

世界遺産詳解の解説

パンノンハルマのベネディクトかいしゅうどういんとそのしぜんかんきょう【パンノンハルマのベネディクト会修道院とその自然環境】

1996年に登録されたハンガリーの世界遺産(文化遺産)で、同国北西部に位置する。996年に建てられた国内最古の修道院には、13世紀に建設されたクリプトを含むバシリカ式聖堂や、回廊、36万冊の蔵書を擁する付属図書館、バロック様式の会食堂、19世紀半ばに建てられた高さ55mの時計塔などが残っている。植物園も付設されて薬草や貴重種が育てられるなど、建物群などの文化価値とともに自然環境の豊かさも評価され、世界遺産に登録された。◇英名はMillenary Benedictine Abbey of Pannonhalma and its Natural Environment

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android