コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パン屋 パンや

大辞林 第三版の解説

パンや【パン屋】

パンを製造・販売する店。また、その人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パン屋
ぱんや

パン(麺麭とも書く)を製造・販売する店。1869年(明治2)に木村屋(開業当時は文英堂といった)が東京で始めたのが本格的なパン屋の最初で、74年創製の同店の餡(あん)パンは日本独特のものである。20世紀になると、食パンや日本独自のいろいろな菓子パンがつくられ、それを商うパン屋も増えた。1970年以後はパン製造の機械化が進み大手生産メーカーが現れ、小売りのパン屋に卸すようになった。さらに学校給食や一般のパン食の普及によって、パン製造はいっそう盛んとなった。今日のパン屋には、小規模ながら自家で生産し販売するものと、純然たる小売りのものとがある。明治の初めには宣伝のため街頭で振売りによる販売も行われた。19世紀の末、東京では、「西洋各国パン大安売」と胴に書いたドラムをたたき、シルクハット・フロック姿で売っていたという記録が残っている。また、そのころ、屋台店の蜜(みつ)パン売りもいた。蜜パンも日本人の好みに応じてくふうされた新食品であった。[遠藤元男]
『仲田定之助著『明治商賣往来』(1968・青蛙房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のパン屋の言及

【パン】より

…ワイン酵母を利用したのである。前5世紀になるとパン屋という職業が生まれ,果実やはちみつを混ぜた菓子パンも作られるようになった。ギリシアのパンは形も豊富であり,動物や半月の形を模した〈形象パン〉も作られ,神々への供物とされた。…

※「パン屋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

パン屋の関連キーワードウルマン(John Woolman)MAISON LANDEMAINEエルヴィン シュトリトマターサッター砦州立歴史公園グリンメルスハウゼンピッツァ・マリナーラカルロス キュアロンからすのパンやさんヴェールを被る女性シュトリットマターシャルパンティエブーランジェリーロンドン大火ブーランジェグランプラスねこのパンヤちょこぱんだバンチュラウェッセルレストラン

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

パン屋の関連情報