コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パーアルミナ型 パーアルミナかたperalumnous type

岩石学辞典の解説

パーアルミナ型

シャンドによる岩石の分類では,(Na2O+K2O+CaO)<Al2O3で,Al2O3が多くこの比が1よりはるかに小さい場合にパーアルミナ型とした.この場合には岩石中に長石が形成されアルカリ成分がなくなってもまだAl2O3が過剰に存在しているので,残ったAl2O3成分は白雲母,黒雲母,コランダム,電気石,トパズ,石榴(ざくろ)石(アルマンダィンまたはスペサルタイト)などのAl2O3に富む鉱物が出現する[Shand : 1927, 1927].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

パーアルミナ型の関連キーワードメタアルミナ型ACF図オサン式(鉱物化学)アルカリ石灰指数サブアルミナ型ミアスキテイックラング酸化ナトリウム多孔質ガラス溶球試験

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android