コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒスイ輝石(翡翠輝石) ひすいきせきjadeite

翻訳|jadeite

世界大百科事典 第2版の解説

ひすいきせき【ヒスイ輝石(翡翠輝石) jadeite】

アルカリ輝石の一種。純粋なものの化学組成はNaAlSi2O6。一般にCa,Mg,Fe2+,Fe3+を少量含む。無色,白色,緑色,緑青色,まれに青色ないし紫色。単斜晶系。長柱状結晶。モース硬度6,比重3.24~3.43。低温高圧型のランセン石片岩相の変成作用をうけた岩石中や,蛇紋岩中に脈状または塊状に産する。ヒスイ輝石が石英とともに共存するには高い生成圧力が必要とされ,圧力と温度の関係図上で約5kbar,100℃と約27kbar,1000℃を結ぶ線の高圧(低温)側で安定であり,それより低圧(高温)側では斜長石の端成分であるアルバイトになってしまう。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ヒスイ輝石(翡翠輝石)の関連キーワードアルカリ輝石

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android