コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒッパロスの風 ヒッパロスのかぜ

世界大百科事典 第2版の解説

ヒッパロスのかぜ【ヒッパロスの風】

インドと地中海沿岸,アラビア半島とを結ぶ貿易に利用された季節風インド洋では夏の南西風と冬の北東風の季節風が定期的に吹く。海上交易を行っていたアラブ商人たちは前1世紀の中葉に,この季節風を利用すればインド洋沿岸ルートよりも航海が早いことを知った。前1世紀のギリシア人ヒッパロスHippalosが発見したという伝承によってこの名で呼ばれるが,実際にはギリシア人以前にフェニキア人,インド人などが利用していたと考えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヒッパロスの風の関連キーワードモンスーン

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android