コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒトエガイ ヒトエガイUmbraculum sinicum; umbrella shell

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒトエガイ
Umbraculum sinicum; umbrella shell

軟体動物門腹足綱ヒトエガイ科。前後径 6cm,左右径 5cm,殻高 0.7cm。体は大きく 25cmに達し,背上に体に比して小さな殻が乗り,その右下に鰓がある。体表は全面に瘤状突起があり,頭には2対の触角,1対の眼がある。足は広く大きい。殻は浅い笠形で,殻頂は中央にあって小さくとがる。殻表は明らかな輪状の成長脈があり,灰白色。特に内面は黄色を帯びることが多い。房総半島以南,インド洋,太平洋に広く分布するが,熱帯大西洋に分布する U.umbraculumも同種とする意見もある。潮間帯下の岩礁にすみ海綿を食べる。卵塊は長いリボン状で下縁を岩礁につけて巻く。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒトエガイ
ひとえがい / 単衣貝
umbrella shell
[学]Umbraculum umbraculum

軟体動物門腹足綱ヒトエガイ科の巻き貝。殻はほとんど平らな白い笠(かさ)形で、動物体はウミウシ様に大きく、殻に入りきらない。殻長6センチメートル、殻幅5センチメートル、動物体の長さは20センチメートル以上になる。体の側面にはいぼ状の突起が多数あり、笠形の殻の下からえらがのぞいている。体の前方には細い触角が1対ある。目はない。房総半島以南の太平洋、インド洋の熱帯域潮間帯岩礁にすむ。食用などに利用されることはない。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヒトエガイの関連キーワード単衣貝一重貝

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android