コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒナノウスツボ(雛の臼壺) ヒナノウスツボ Scrophularia duplicatoserrata

1件 の用語解説(ヒナノウスツボ(雛の臼壺)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒナノウスツボ(雛の臼壺)
ヒナノウスツボ
Scrophularia duplicatoserrata

ゴマノハグサ科の多年草で,関東以西の本州に分布する。谷間や日陰の湿ったところに生える。地下の根茎は太く木化している。茎は4稜があって毛はなく,高さ 40~80cmになる。葉は柄があって対生し,長さ 10cmあまりの卵形で縁には重鋸歯がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒナノウスツボ(雛の臼壺)の関連キーワードゴマノハグサ科胡麻の葉草洞庭藍岩袋塩竈菊姫鍬形イワブクロゴマノハグサムラサキサギゴケヤマトラノオ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone