コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒナノウスツボ(雛の臼壺) ヒナノウスツボScrophularia duplicatoserrata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒナノウスツボ(雛の臼壺)
ヒナノウスツボ
Scrophularia duplicatoserrata

ゴマノハグサ科の多年草で,関東以西の本州に分布する。谷間日陰の湿ったところに生える。地下の根茎は太く木化している。茎は4稜があって毛はなく,高さ 40~80cmになる。葉は柄があって対生し,長さ 10cmあまりの卵形で縁には重鋸歯がある。夏に,茎の頂にまばらな円錐花序をつけ,暗紫色小花を開く。は5裂し卵形,花冠は長さ 1cm足らずの壺状である。花後に径5~7mmの球形の 蒴果を生じ,大量の種子を出す。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ヒナノウスツボ(雛の臼壺)の関連キーワードゴマノハグサ科

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android