コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒマーチャル・プラデーシュ[州] Himāchal Pradesh

世界大百科事典 第2版の解説

ヒマーチャル・プラデーシュ[州]【Himāchal Pradesh】

インド最北西部の州。面積5万6000km2,人口517万(1991)。州都はシムラ。主要言語は西パハーリー語。州名は〈雪山の州〉を意味する。北から順に高度を異にする大ヒマラヤ,小ヒマラヤ,シワリクの3山脈が北西~南東に走り,その間をチェナーブ,サトレジなどの諸河川が狭い河谷平野をつくっている。河谷部では米,トウモロコシ,果実(桃,リンゴなど)を産する。河谷上の山地斜面は松,ヒマラヤ杉などの森林が茂り,林業は州第一の産業である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヒマーチャル・プラデーシュ[州]の関連キーワード低圧線全国丼サミットバナー広告朝日訴訟朝日訴訟遣隋使重複保険補色防衛計画の大綱統合国際深海掘削計画

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android