コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒメオトギリ(姫弟切) ヒメオトギリHypericum japonicum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒメオトギリ(姫弟切)
ヒメオトギリ
Hypericum japonicum

オトギリソウ科の一年草または多年草で,アジアとオーストラリアの熱帯から温帯に広い分布をもつ。日本では西日本の暖地野原山麓湿地に生える。は直立し高さ 15~50cmで,4稜があり無毛である。葉は対生し,基部は茎を抱く。長さ 1cm以下の楕円形で全縁,葉を透かして見ると透明な油点が散在する。花は6~8月に開き,小さく黄色い。萼片は緑色,多数あるおしべは3つの束をつくっている。コケオトギリに似ているが,本種では茎がしっかりしていて,葉の色が青みがかった緑色,花の下の包葉披針形であることなどで区別できる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヒメオトギリ(姫弟切)の関連キーワードオトギリソウ科