コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒメカツオブシムシ

栄養・生化学辞典の解説

ヒメカツオブシムシ

 [Attagenus unicolor].コウチュウ目カブトムシ亜目カツオブシムシ科に属する.コメ糠,削り節,干し魚,さらには絹などを食害する昆虫で,体長3.5〜4.5mm.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒメカツオブシムシ
ひめかつおぶしむし / 姫鰹節虫
[学]Attagenus unicolor

昆虫綱甲虫目カツオブシムシ科に属する昆虫。ヨーロッパ、アジアに広く分布し、日本産は亜種とされる。体長3.5~4.5ミリメートル。黒色で触角や脚(あし)は赤褐色、背面は暗色毛を密生し、頭、前胸周縁、体下は淡黄色毛がある。毛織物、毛皮、生糸などを食害する有名な害虫で、幼虫は体が長く、赤い長毛をもち、とくに後端では後方へ列生する。成虫は6月に現れ、花にくることがあるが、毛織物などに産卵する。幼虫で越冬し、1~2年で1世代を経過する。[中根猛彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android