コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒメシャガ(姫射干) ヒメシャガIris gracilipes

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒメシャガ(姫射干)
ヒメシャガ
Iris gracilipes

アヤメ科多年草北海道西南部から九州北部に分布し,やや乾いた山林内の斜面などに生える。地下茎は横にはって分枝する。葉は淡緑色,薄い草質で長さ 20~40cm,幅 0.5~1.2cmで先がとがる。花茎は細く,高さ 15~30cm,2~3個の包葉があり分枝する。5~6月,淡藍紫色で径4~5cmの花を2~3個つける。外花被片の中央は白く,紫色の脈と黄斑があり,内面中央から下に鶏冠状隆起がある。花柱の先は2全裂し,さらに数個に細裂する。果実はほぼ球形。和名は,シャガ (射干) に似ているが,葉がより細くて薄く,全体にやさしい感じがすることによる。家庭での栽培も多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報