コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャガ(射干) シャガIris japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャガ(射干)
シャガ
Iris japonica

アヤメ科の常緑多年草。湿った山林の斜面などに群生する。アジア東部温帯に分布し,日本では本州,四国,九州に自生する。根茎は浅く地下をはい長い走出枝を出して繁殖する。葉は2列に互生し剣形の鮮緑色で光沢がある。5月頃,葉間に花茎を出し分枝し,枝先に径5~6cmの白紫色の花をつける。外花被片は倒卵形で縁に細かい刻みがあり,淡いオレンジ色の斑点が目立つ。内面中部には鶏冠状の突起がある。内花被片は小型で凹頭,やはり刻みがある。三倍体のため種子はできない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

シャガ(射干)の関連キーワードヒメシャガ(姫射干)アヤメ科

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android