シャガ(射干)(読み)シャガ(英語表記)Iris japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャガ(射干)
シャガ
Iris japonica

アヤメ科の常緑多年草。湿った山林の斜面などに群生する。アジア東部温帯に分布し,日本では本州,四国,九州に自生する。根茎は浅く地下をはい長い走出枝を出して繁殖する。葉は2列に互生し剣形の鮮緑色で光沢がある。5月頃,葉間に花茎を出し分枝し,枝先に径5~6cmの白紫色の花をつける。外花被片は倒卵形で縁に細かい刻みがあり,淡いオレンジ色の斑点が目立つ。内面中部には鶏冠状の突起がある。内花被片は小型で凹頭,やはり刻みがある。三倍体のため種子はできない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android