コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャガ

2件 の用語解説(シャガの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

シャガ

本州〜九州,中国の藪(やぶ)などに多いアヤメ科の常緑多年草。葉は深緑色,剣状で長さ30〜60cm,幅2〜3cm,横伏する根茎から2列に並んで出る。4〜5月,高さ50〜70cmの少し分枝する花茎の先に10個内外の1日花を次々に開く。
→関連項目アイリス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シャガ
しゃが / 著我・莎我
[学]Iris japonica Thunb.

アヤメ科の多年草。日本のアヤメ科のなかでは唯一の常緑種である。葉は2列に互生して袴(はかま)状に並び、長さ30~60センチメートル、幅2~3センチメートルで光沢がある。花期は4~5月。花茎は高さ30~70センチメートル、上方で分枝し、径約5センチメートルの花をつける。花被片(かひへん)は6枚で白色から淡紫色、外花被片の内面中央部に橙黄(とうこう)色の斑紋(はんもん)があり、毛状の突起が並んでとさか状になる。人里近くの日陰に野生し、本州から九州に分布する。すべて三倍体で種子ができないが、中国には二倍体もあるので、ヒガンバナ同様、かつて中国から三倍体が持ち込まれ野生化したものと考えられている。近縁のヒメシャガはシャガよりずっと小さく、花は濃いめの淡紫色、葉は光沢がなく柔らかい。冬に地上部は枯れる。[清水建美]

文化史

漢名の射干があてられ、シャガになったが、本来の射干はヒオウギのことで、中国ではシャガを胡蝶花と書く。射干は『本草和名(ほんぞうわみょう)』(918ころ)に、加良須阿布岐(からすあふぎ)の和名で載っているが、これもヒオウギと思われる。シャガがいつ渡来したかは明らかでないが、『花壇綱目』(1681)に、葉に斑(ふ)の入ったスジシャガが出ている。江戸時代には、射干を正しくヒオウギに同定する書物のある一方、シャガに用いるなど混乱がみられる。[湯浅浩史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のシャガの言及

【アヤメ】より

…中国では根茎を薬用にし,絵画にも描かれる。 シャガI.japonica Thunb.(イラスト)は中国,日本に産する。古く中国から渡来したと推定され,低山地に群生している。…

※「シャガ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シャガの関連キーワードケンサキイカトリガイ藪入りたむしば内地八幡の藪知らず後の藪入り藪人参やぶヨメナ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シャガの関連情報