ヒメハマキガ(姫葉捲蛾)(読み)ヒメハマキガ

世界大百科事典 第2版の解説

ヒメハマキガ【ヒメハマキガ(姫葉捲蛾)】

鱗翅目ハマキガ科ヒメハマキガ亜科Olethreutinaeの昆虫の総称。この科に属するガは,だいたい翅の開張1~2cmの小型種で,翅は細長く,前翅頂はとがる。幼虫は樹木や草の葉を巻いて中から食べる種類が多い。熱帯から亜熱帯に種数が多く,世界に約4500種,日本では550種あまり知られている。5亜科に分けられるが,もっとも大きなのがヒメハマキガ亜科で,日本産ハマキガの約70%がこの亜科に属する。成虫は大部分が夜行性で,よく灯火に飛来する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

メルカリ

スマートフォンで、フリーマーケットの利用ができるアプリ。2013年7月にサービスが開始され、15年11月には、2000万ダウンロードを突破した。運営会社は、株式会社メルカリ。Andoridと、iPho...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android