コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒメハマキガ(姫葉捲蛾) ヒメハマキガ

1件 の用語解説(ヒメハマキガ(姫葉捲蛾)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヒメハマキガ【ヒメハマキガ(姫葉捲蛾)】

鱗翅目ハマキガ科ヒメハマキガ亜科Olethreutinaeの昆虫の総称。この科に属するガは,だいたい翅の開張1~2cmの小型種で,翅は細長く,前翅頂はとがる。幼虫は樹木や草の葉を巻いて中から食べる種類が多い。熱帯から亜熱帯に種数が多く,世界に約4500種,日本では550種あまり知られている。5亜科に分けられるが,もっとも大きなのがヒメハマキガ亜科で,日本産ハマキガの約70%がこの亜科に属する。成虫は大部分が夜行性で,よく灯火に飛来する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヒメハマキガ(姫葉捲蛾)の関連キーワード浜北粽形葉巻冂構え首巻固め逆巻貝手纏の端無きが如し葉巻蛾葉巻虫蒔田さくら子

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone