ヒヤデス星団(読み)ヒヤデスせいだん

世界大百科事典 第2版「ヒヤデス星団」の解説

ヒヤデスせいだん【ヒヤデス星団 Hyades star cluster】

おうし座のα星アルデバランの周辺に広がる散開星団。ギリシア神話ではアトラスオケアノスの娘の一人との間に生まれた娘たちヒュアデスとされている。100個程度の星々が,5度あまりの範囲に散らばっているので,注意して見ないと星団には見えない。太陽にもっとも近い星団で,140光年の距離にある。通常の星の場合,距離が遠いと年周視差を求めることができない。ヒヤデス星団の場合,星団の星々がグループとして,空間を一定に動いて見える運動星団であるので距離を決めることができた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のヒヤデス星団の言及

【おうし座(牡牛座)】より

…黄道星座の一つ。V字形のヒヤデス星団が牛の顔,数個の星の集りに見えるプレヤデス星団が牛の肩になる。ギリシア神話では,大神ゼウスがフェニキアの王女エウロペのもとに通う時の化身の姿であるという。…

【星団】より


[散開星団]
 数百の恒星が雑然と集まっているのが散開星団で,天の川に多く分布し,散光星雲を伴っていることが多い。おうし座のヒヤデス星団は130光年という近距離にあるので,宇宙の距離尺度をきめる標準光源としてこの星団の恒星が用いられている。ヒヤデス星団の明るい恒星は3.5等から4等の赤色巨星で,年齢約10億年と老齢なので大質量星はすでに進化して寿命を終わり赤色巨星と赤く暗い主系列星が残っている。…

※「ヒヤデス星団」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android