ヒュルゼンベック(英語表記)Huelsenbeck, Richard

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒュルゼンベック
Huelsenbeck, Richard

[生]1892.4.23. フランケナウ
[没]1974.4.20. スイス,ミニュージオ
ドイツの小説家,詩人。 1916年チューリヒにおもむき,ダダの創始者の一人となる。 36年からニューヨークに定住。ダダに関するエッセー,旅行記のほかに,小説『幸福の夢』 Der Traum vom grossen Glück (1933) ,詩集『幻想的祈り』 Phantastische Gebete (16) ,『ニューヨーク・カンタータ』 Die New Yorker Kantaten (52) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヒュルゼンベック【Richard Huelsenbeck】

1892‐1974
ドイツ出身の詩人,精神分析医。フランケナウFranckenau生れ。パリとベルリンで医学を学び,表現主義文学に近づく。タムタム音楽に熱中しH.バルと知り合う。チューリヒ・ダダに参加,《空想的な祈り》(1916)などの音響詩で聴衆を挑発した。1919年ベルリンに戻り,〈ベルリン・ダダ宣言〉を起草,ハウスマンらと巡回講演。20年代には船医となり,36年ニューヨークに亡命してハルベックCharles R.Hulbeckの名で精神分析医としての活動を行うかたわら,ダダの回想・記録などを著述・編纂した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のヒュルゼンベックの言及

【ダダ】より

…1916年2月,逃亡兵の演出家バルと恋人の歌手エミー・ヘニングスは同地で,アルザス生れの画家アルプ,ルーマニアの詩人ツァラや画家ヤンコMarcel Janco(1895‐ )とともに〈キャバレー・ボルテールCabaret Voltaire〉を開催した。ベルリンの医者・詩人ヒュルゼンベックも加わり,小舞台と15~16卓だけのこの店で毎夜宣言,歌,騒音音楽,音声詩,同時詩,仮面舞踏などが演じられた。〈強盗どもが一斉蜂起した権力の錯乱状態のなかで,芸術も人間の衆愚化に一役買う徴候〉に対し,〈時代の狂気から人間を救い出す本源的な芸術〉(アルプ)を求めた乱痴気さわぎの中で,ダダは生まれた。…

※「ヒュルゼンベック」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android