巡回講演(読み)じゅんかいこうえん

世界大百科事典 第2版の解説

じゅんかいこうえん【巡回講演】

19世紀アメリカで,全国を巡回した専門家による講演活動。広大な国土に人々が散らばって住むアメリカでは,文化は大都市に居座ってその享受者を待つよりも,みずから進んで地方に進出した。そして19世紀の末までは,まだマスコミが発達せず,文字の読めない者にもわかる講演が文化伝達の重要な媒体だった。1826年,ニューイングランド地方にライシーアムlyceumという文化団体ができ,数年で全国の市町村にひろまった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android