コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒラサザエ ヒラサザエ Astraea japonica; Japanese star-shell

2件 の用語解説(ヒラサザエの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒラサザエ
ヒラサザエ
Astraea japonica; Japanese star-shell

軟体動物門腹足綱リュウテンサザエ科。殻高 9.5cm,殻径は 12.5cmで老成すると 16cmに達する。殻は厚質堅固で円錐形,螺層は8階,各層は平たくふくらまない。殻表は赤褐色ないし暗緑褐色で,皺状の肋が前下方へ走る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒラサザエ
ひらさざえ / 平栄螺
Japanese tent shell
[学]Pomaulax japonicus

軟体動物門腹足綱リュウテンサザエ科の巻き貝房総半島から紀伊半島にかけての太平洋側と日本海西部に分布し、潮間帯下の岩礁にすむ。殻高9.5センチメートル、殻径12.5センチメートル。正円錐(えんすい)形で、殻表は粗くやや橙(だいだい)色を帯びる。底面は平らで強い螺肋(らろく)がある。周縁には平らな棘(きょく)状突起があり歯車状。蓋(ふた)は丸みのある菱(ひし)形で石灰質である。肉は食用とされ、殻は貝ボタンの原料になる。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒラサザエの関連キーワード軟体動物裏渦貝後鰓類腰高栄螺栄螺前鰓類象水母輪宝貝軟体類サザエ(栄螺)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone