コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒルムシロ(蛭蓆) ヒルムシロPotamogeton distinctus; pondweed

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒルムシロ(蛭蓆)
ヒルムシロ
Potamogeton distinctus; pondweed

ヒルムシロ科の水生の多年草で,ヒルモともいう。日本,朝鮮半島および中国の温帯から暖帯に広く分布し,池,溝,水田などに普通に生える。地下茎の先端に殖芽をつくり繁殖する。茎は地下茎から水中に伸びて,水の深さにより長さを変える。葉に2型あり,水中葉は披針形で短い柄がある。浮水葉は茎の上部につき,長楕円形で表面に光沢があり,葉柄基部に膜質の托葉がある。夏から秋にかけて,穂状花序をなして黄緑色の無花被の花を多数つける。おしべは4本,めしべの子房は1~3個ある。果実は広卵形の核果で背部に翼がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ヒルムシロ(蛭蓆)の関連キーワードヒルムシロ科

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android