コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒルムシロ科 ヒルムシロか Potamogetonaceae

2件 の用語解説(ヒルムシロ科の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒルムシロ科
ヒルムシロか
Potamogetonaceae

単子葉植物イバラモ目の1科。世界のほぼ全域に2属約 100種がある。淡水中に生じる多年草で,水底の泥中に根茎があり,長いつる状の茎を伸ばして沈水葉や浮水葉をつける。水中葉をつける種ではリボン状の細い葉を互生し,葉の基部に鞘をつくる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒルムシロ科
ひるむしろか
[学]Potamogetonaceae

単子葉植物。すべて水草で、葉は糸状または扁平(へんぺい)。雌雄同株または異株。花序は穂状または散房状、花被片(かひへん)はない。雄しべと雌しべは1~4本、葯隔(やくかく)がときに花被片状になる。子房は上位。果実内に1個の種子ができ、胚乳(はいにゅう)はない。受粉は風媒または水媒であるが、これは、水草類が陸上生活からふたたび水中生活に舞い戻った証拠の一つとされている。世界に8属120種知られ、淡水生では浮葉性または沈水性のヒルムシロ属に約100種、汽水生では沈水性のカワツルモ属に5種ある。なお、イトクズモ科はごく近縁の科で、ヒルムシロ科に含めることもある。[大滝末男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のヒルムシロ科の言及

【海産顕花植物】より

…分類学的にはすべてが単子葉植物の沼生目(オモダカ目)の中に含まれる。この目の中のトチカガミ科,ヒルムシロ科,イトクズモ科などの淡水生植物が,海水中での生活に適応するように進化したものと考えられている。世界に12属約100種があり,いずれも海岸に近い浅い海底に大きな群落をつくり,藻場を海藻とともに形成している。…

※「ヒルムシロ科」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヒルムシロ科の関連キーワード双子葉植物単子葉植物平行脈外種皮禾本科鬚根網状脈同花被花単子葉類ヤシ(椰子)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone