コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒロシマナ

栄養・生化学辞典の解説

ヒロシマナ

 [Brassica campestris (pekinensis group)].アブラナ科の一,二年草.ハクサイの結球しない品種.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒロシマナ
ひろしまな / 広島菜
[学]Brassica rapa L. subvar. hiroshimana Kitam.

アブラナ科の二年草。非結球性ハクサイの一品種で、広島地方特産。慶長(けいちょう)2年(1597)(一説に明治初年とも)、京都から持ち帰ったツケナから改良されたという。葉身は濃緑色で広く大きく、幅は約30センチメートル、長さは50センチメートルほど。葉の縁(へり)は切れ込みがない。葉身の中央脈は厚く、幅が著しく広いので漬物に好適で、白色に青みを帯びている。葉には繊維が多いが、風味と香りがあり、正月ころの漬物として珍重され、広島地方名物の樽(たる)漬けとする。春先の古漬けも独特の風味で好まれる。栽培はハクサイに準じる。9月中旬から下旬に播種(はしゅ)し、2回目の間引き後、うね間に切り藁(わら)を敷く「中入れ」という作業を行う。収穫は11月ころ。[星川清親]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヒロシマナの関連キーワードBrassica campestrisスティーブン オカザキ葉身

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android