コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒロハサギゴケ Hemigraphis reptans (Forst.) T.And.ex Hemsl.

世界大百科事典 第2版の解説

ヒロハサギゴケ【Hemigraphis reptans (Forst.) T.And.ex Hemsl.】

キツネノマゴ科の小型多年草。同属のものはマレーシア熱帯を中心に分化しており,100種ほどが知られている。は地をはい,節から根を出し,長さ10~15cm。葉は卵状広楕円形ないし円形で長さ幅とも1~2cm,両面に粗毛がある。花は2~3対が茎の先に頭状に集まる。花冠は漏斗状,白色で長さ約15mm,先端は等しく5裂する。花冠内側背面に2列の毛があり花柱を支持する。おしべは4本,うち2本は短い。果実は線状披針形の蒴果(さくか)で8~10個の種子をつける。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ヒロハサギゴケの関連キーワードキツネノマゴ科

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android