コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒロハサギゴケ Hemigraphis reptans (Forst.) T.And.ex Hemsl.

世界大百科事典 第2版の解説

ヒロハサギゴケ【Hemigraphis reptans (Forst.) T.And.ex Hemsl.】

キツネノマゴ科の小型多年草。同属のものはマレーシア熱帯を中心に分化しており,100種ほどが知られている。は地をはい,節から根を出し,長さ10~15cm。葉は卵状広楕円形ないし円形で長さ幅とも1~2cm,両面に粗毛がある。花は2~3対が茎の先に頭状に集まる。花冠は漏斗状,白色で長さ約15mm,先端は等しく5裂する。花冠内側背面に2列の毛があり花柱を支持する。おしべは4本,うち2本は短い。果実は線状披針形の蒴果(さくか)で8~10個の種子をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヒロハサギゴケの関連キーワードキツネノマゴ科

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android