ヒンドゥークシ山脈(読み)ヒンドゥークシさんみゃく(英語表記)Hindu Kush

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒンドゥークシ山脈
ヒンドゥークシさんみゃく
Hindu Kush

中央アジア主要山系の一つ。アフガニスタン北東から南西に走る。最高点はパキスタン北西端部にあるティリチミル山 (7690m) 。カラコルム山脈パミール高原接点,パキスタン,アフガニスタン,中国,タジキスタンの境界付近に起る。 6000mをこえる峰と氷河が連なって,アフガニスタンとパキスタンとの国境を形成しつつ南西に走る。アフガニスタン領に入ると,次第に高度を減じ,カブール北西方からは,バグマン,コーヘババー,バンディバヤーン,セフィードクーなどの支脈に分れて,扇状に広がる。アレクサンドロス大王のインド遠征 (前4世紀) ,チムールの侵入 (14世紀) などの通路となったカワク峠 (3500m) が知られる。サラング峠 (4237m) 下を貫通するトンネルが 1964年に完成し,カブールとマザーレシャリーフを結ぶ幹線道路が大幅に短縮された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ヒンドゥークシ‐さんみゃく【ヒンドゥークシ山脈】

〘名〙 (ヒンドゥークシはHindu Kush) パミール高原の南縁からアフガニスタンを横切り、イラン国境までほぼ西南西に延びる山脈。ユーラシア褶曲山系の一部。狭義にはアフガニスタンの首都カブール付近までをいい、標高七〇〇〇メートルをこす高峰が連なる。古来西アジアからインドへの通路にあたり、バロギル・カイバー・チャリカル・シバルなどの峠道が開かれている。最高峰ティリチミール(七六九〇メートル)。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android