コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒ酸塩鉱物(砒酸塩鉱物) ひさんえんこうぶつ arsenate mineral

1件 の用語解説(ヒ酸塩鉱物(砒酸塩鉱物)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ひさんえんこうぶつ【ヒ酸塩鉱物(砒酸塩鉱物) arsenate mineral】

ヒ酸根(AsO4)3-を基本の化学成分として含有する塩類鉱物。無水物,酸性塩,含水物などがあり,またヒ素Asの一部をリンP,バナジウムVなどの原子で置換された種も存在する。結晶構造としてはAsO4の四面体が基本となって構造の骨組みをつくる。このため同様な四面体を基本にもつ(PO4)3-の塩類鉱物であるリン酸塩鉱物および(VO4)3-の塩類鉱物であるバナジウム酸塩鉱物と同形の関係にある鉱物が多い。 ヒ素鉱物,とくに硫化ヒ素鉱物の分解物として,このような鉱物を含有する鉱山などの酸化帯に二次鉱物として産出する場合が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヒ酸塩鉱物(砒酸塩鉱物)の関連キーワード亜ヒ酸ヒ酸モル分率化学組成エイエフエム図エイケイエフ図エイシイエフ図メタトロピー等化学系オサン式(鉱物化学)

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone