コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砒酸鉛 ヒサンナマリ

デジタル大辞泉の解説

ひさん‐なまり【×砒酸鉛】

砒酸の鉛塩。オルト砒酸鉛Pb3(AsO42・メタ砒酸鉛Pb(AsO32・ピロ砒酸鉛Pb2As2O7のほか、砒酸水素鉛PbHAsO4と砒酸二水素鉛Pb(H2AsO4)があり、いずれも無色の粉末ないし結晶で水に溶けにくく、きわめて毒性が強い。かつてはふつう砒酸水素鉛をさし、農業用殺虫剤として用いられた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひさんなまり【砒酸鉛】

オルトヒ酸鉛 Pb3(AsO42 およびこれと類似の化合物の総称。黄白色の結晶性粉末。ヒ酸水素鉛 PbHAsO4 をいうこともある。これは農業用殺虫剤として使われたが、現在は使用禁止。ひさんえん。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

砒酸鉛の関連キーワード化合物

今日のキーワード

118番の日

1月18日。海上保安庁への緊急通報用電話番号である「118」の啓発活動を行い、海の安全確保に努める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android