砒酸鉛(読み)ヒサンナマリ

  • ×砒酸鉛

デジタル大辞泉の解説

砒酸の鉛塩。オルト砒酸鉛Pb3(AsO42・メタ砒酸鉛Pb(AsO32・ピロ砒酸鉛Pb2As2O7のほか、砒酸水素鉛PbHAsO4と砒酸二水素鉛Pb(H2AsO4)があり、いずれも無色粉末ないし結晶で水に溶けにくく、きわめて毒性が強い。かつてはふつう砒酸水素鉛をさし、農業用殺虫剤として用いられた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 砒酸の鉛塩の総称。きわめて水に溶けにくい黄白色の粉末ないし結晶で毒性が強い。かつては砒酸水素鉛をさし、農業用殺虫剤として使用されたが、作物への残留度が高いため、使用が禁止されている。ひさんえん。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android