コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビザンチン哲学 ビザンチンてつがく Byzantine philosophy

1件 の用語解説(ビザンチン哲学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビザンチン哲学
ビザンチンてつがく
Byzantine philosophy

ビザンチウム (コンスタンチノープル) を中心にして発展した新プラトン主義を標榜する哲学をいう。6~7世紀頃のビザンチン帝国の自立と,キリスト教化によって興ったもので,アレクサンドリア学派を通じてギリシア文化の影響を受け,ラテン文化の伝統に立つ西方文化圏とは思想的に異なる性格を示した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビザンチン哲学の関連キーワードコンスタンチノープル東ローマ帝国ビザンチン建築君府コンスタンチノープル海峡ビザンチウムコンスタンティヌス一世ビザンチン式ビザンチン文化コンスタンティノープル

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone