コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビスマス鉱物 ビスマスこうぶつ bismuth mineral

1件 の用語解説(ビスマス鉱物の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ビスマスこうぶつ【ビスマス鉱物 bismuth mineral】

ビスマスを主要成分とする鉱物。ビスマスBiは地殻中の存在度が比較的少ない金属である。したがってふつうの岩石中には独立した鉱物としては含まれていないが,特殊な条件の下では,自然ソウ(蒼)鉛Bi,輝ソウ鉛鉱Bi2S3,酸化ソウ鉛鉱Bi2O3,炭酸ソウ鉛鉱(BiO)2CO3などを作る。この中で自然ソウ鉛と輝ソウ鉛鉱が資源として重要であって,おもに接触交代鉱床と熱水性鉱床中に産出する。しかしビスマスを主要な稼行対象としている鉱山はほとんどない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ビスマス鉱物の関連キーワードバスマスター易融合金ガスマスクビスマス輝蒼鉛鉱クリスマスカードデスマスクメリークリスマスサービスマン取澄ます

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone