ビタミンB2剤(読み)ビタミンビーニザイ

病院でもらった薬がわかる 薬の手引き 電子改訂版の解説

ビタミンB2剤

製品名
《フラビンアデニンジヌクレオチド製剤》
FAD(辰巳化学、日医工、鶴原製薬、わかもと製薬)
フラビタン(アステラス製薬、トーアエイヨー
《リボフラビン酪酸エステル製剤》
ハイボン(ニプロESファーマ)
リボフラビン酪酸エステル(杏林製薬、キョーリンリメディオ、コーアイセイ、鶴原製薬)

 ビタミンB2の補給剤です。ビタミンB2の欠乏によっておこる口角炎口唇炎口内炎舌炎結膜炎肛門こうもん周囲及び陰部のかゆみびらん急性慢性の湿疹しっしん脂漏しろう性皮膚炎にきび酒皶しゅさ日光皮膚炎ペラグラびまん性表層角膜炎といった病気の治療のほか、食物からビタミンB2を必要十分に摂取できない状態にある人 (消耗性しょうもうせい疾患甲状腺機能亢進症こうじょうせんきのうこうしんしょう妊産婦授乳婦著しく体力を消耗する作業を行う人など)のビタミンB2の補給に使われます。


 また、リボフラビン酪酸エステル製剤は、高コレステロール血症の治療にも用いられます。


 リボフラビン酪酸エステル製剤では、食欲不振、吐き気、下痢などの消化器症状がおこることがあります。このような症状がおこったときは、医師に相談してください。


①いろいろな剤型がありますが、1日の使用回数と使用時間・1回の使用量については医師の指示をきちんと守り、かってに中止したり、増量・減量しないでください。


②あらかじめ問診の際に、持病・アレルギーなどの体質・現在使用中の薬の有無を医師に報告してください。


③使用中に尿が黄色く変色することがありますが、それは心配のない変化です。

出典 病院でもらった薬がわかる 薬の手引き 電子改訂版病院でもらった薬がわかる 薬の手引き 電子改訂版について 情報

関連語をあわせて調べる