コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

妊産婦 ニンサンプ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

妊産婦
にんさんぷ

産科学的には、妊娠が始まってから分娩(ぶんべん)を経て産褥(さんじょく)期の終わるまで、すなわち妊娠開始から産後6~8週間までの婦人をさす。換言すれば、妊婦・産婦・産褥婦の総称として使われる略語である。しかし、児童福祉法や母子保健法上では、妊産婦は妊娠中または出産後1年以内の女子をさし、授乳婦まで含めた意味で使われる。[新井正夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

妊産婦の関連キーワード女性が求める妊娠・出産・産後のケアSDGs(持続可能な開発目標)母性健康管理指導事項連絡カードジェンダー不平等指数妊産婦千葉のプラネタリウム県の医療費助成制度常位胎盤早期剥離マタニティマーク妊娠高血圧症候群児童福祉審議会母子健康手帳分娩監視装置特別用途食品特殊栄養食品児童福祉施設周産期医療田中 たつ人形マーク妊娠中毒症

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

妊産婦の関連情報