ビッチュウヤマハギ(読み)びっちゅうやまはぎ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビッチュウヤマハギ
びっちゅうやまはぎ / 備中山萩
[学]Lespedeza kiusiana Nakai

マメ科の落葉低木。高さ約1.5メートル。葉は表面に、ごく短い毛を密生する。花序はやや伸びて、紅紫色の蝶形花(ちょうけいか)を開く。花冠はヤマハギより一回り大きく、長さ1~1.3センチメートルで美しい。低地の日当りのよい場所に生え、関西地方以西の本州から九州に分布する。[秋山 忍]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android