コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビットリア Vittoria, Alessandro

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビットリア
Vittoria, Alessandro

[生]1525. トレント
[没]1608. ベネチア
イタリア,マニエリスム彫刻家。 J.サンソビーノに学び,その古典様式を吸収。『聖セバスティアヌス』 (ベネチア,サン・サルバトーレ聖堂) ,『聖ヒエロニムス』 (ベネチア,サンタ・マリア・ディ・フラーリ聖堂) などで宗教的熱情を表現し,16世紀後期のベネチアで最重要な彫刻家になるとともに,絵画的,印象主義的写実性によって次期バロックの先達ともなった。肖像彫刻にもすぐれ,『トンマーゾ・ランゴーネ像』『ニッコロ・デ・ポンテ公像』の秀作を残している。 1577年以後,ドッジ宮の装飾画制作に従事した。

ビットリア
Vittoria

イタリア南西部,シチリア島南東部の町。シチリア州ラグーザ県に属する。 1607年,モディカ伯爵夫人ビットリアによって建設された。周辺地域で穀物ブドウ,油を産する。ワインの取引地。マカロニの産地。人口5万 4015 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ビットリアの関連キーワードイスキア[島]ホアン グリスダンヌンツィオマンテーニャグリマルディウェブスタークレイマーペスカラグリス白魔

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ビットリアの関連情報