コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビットリア ビットリア Vittoria, Alessandro

2件 の用語解説(ビットリアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビットリア
ビットリア
Vittoria, Alessandro

[生]1525. トレント
[没]1608. ベネチア
イタリアマニエリスムの彫刻家。 J.サンソビーノに学び,その古典様式を吸収。『聖セバスティアヌス』 (ベネチア,サン・サルバトーレ聖堂) ,『聖ヒエロニムス』 (ベネチア,サンタ・マリア・ディ・フラーリ聖堂) などで宗教的熱情を表現し,16世紀後期のベネチアで最重要な彫刻家になるとともに,絵画的,印象主義的写実性によって次期バロックの先達ともなった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ビットリア
ビットリア
Vittoria

イタリア南西部,シチリア島南東部の町。シチリアラグーザ県に属する。 1607年,モディカ伯爵夫人ビットリアによって建設された。周辺地域で穀物,ブドウ,油を産する。ワインの取引地。マカロニの産地。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビットリアの関連キーワードシフトレンズカレントレギュレータートレンカトレント大聖堂エア リレントレスセントレアフレンズトレンドセッターズトレンドポイントリターン・トゥ・ザ・ストレンジ・ランドダウントレンド

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ビットリアの関連情報