コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビトシャ山 ビトシャさんVitosha

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビトシャ山
ビトシャさん
Vitosha

古代名スコミオス Skomios,スコメオン Skomeonなど。ブルガリア西部,首都ソフィアの南にそびえる大山塊。最高点はチェルニブラフ (2290m) ,平均標高は 1500m。スレドナゴラ山脈の西端に連なる独立山塊で,山容の美しさで知られる。北面尾根に氷河跡のモレーンの堆積を残すズラトニモストベ (「金の橋」の意) や,スキーなどのスポーツ,レクリエーション施設,宿泊施設があり,ソフィア近郊の国立公園として,市民の憩いの場となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ビトシャ‐さん【ビトシャ山】

VitoshaВитоша》ブルガリアの首都ソフィアの南郊にある山地。最高峰は標高2290メートルのチェルニブラウ。全域が国立公園に指定され、バスやロープウエーで山頂部まで登ることができる。登山やスキーを楽しむ観光客が数多く訪れる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ビトシャ山の関連キーワードVitoshaストルマ[川]ビトシャ通りボヤナ聖堂ストルマ川ボヤナ教会

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android