コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビュイソン Buisson, Ferdinand-Édouard

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビュイソン
Buisson, Ferdinand-Édouard

[生]1841.12.20. パリ
[没]1932.2.16. チュロア,サンタントアーヌ
フランスの教育家。フランス初等教育制度の改革者。ナポレオン3世の第2帝政国家に対する教師としての宣誓を拒否してスイスにおもむき,1866~70年ヌーシャテル大学で哲学を担当。 67年ジュネーブ平和会議に参加,ヨーロッパ合衆国の結成を主唱した。彼はまた国際連盟の先駆的な提唱者であった。 70年のパリ陥落の際には戦争孤児のために孤児院を設立。 90年視学総監。この間『教育学辞典』 (1882~93) を刊行。 96~1902年パリ大学の教育学教授,02~14,19~23年下院議員,1898年人権連盟 Ligue des Droits de l'Hommeの設立を援助し,1913~26年総裁。 27年ドイツの平和主義者 L.クウィデとともにノーベル平和賞受賞。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ビュイソンの関連キーワード天保の改革ウィリアムHハリソンアストンエルメレンスサージェントファーブル-ブラントブラントンブリンクリープレグランメンデンホール

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ビュイソンの関連情報