コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビュスベク Busbecq(Busbeck),Augier Ghislain de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビュスベク
Busbecq(Busbeck),Augier Ghislain de

[生]1522. コミン
[没]1592.10.28. サンジェルマン
フランドル地方出身の外交官。オーストリア大公 (のちの神聖ローマ皇帝フェルディナント1世) によりオスマン帝国に派遣され (1555,56~62) ,講和を成立させた。 1570年以降フランスへ派遣された。また近東文化の紹介にも努め,彼のラテン語の文章は外交官の模範とされた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ビュスベクの関連キーワードコボ文禄シェークスピア窪田統泰クルムバハ崑曲ハドリアヌス6世中国演劇カンピコルドベロ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android