コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビリトゥン島 ビリトゥントウ

デジタル大辞泉の解説

ビリトゥン‐とう〔‐タウ〕【ビリトゥン島】

Pulau Belitung》⇒ブリトゥン島

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビリトゥン島
びりとぅんとう
Belitung

インドネシア西部、スマトラ島とボルネオ島との間に位置する島。ブリトゥン島ともいう。長さ88キロメートル、幅69キロメートル、面積4833平方キロメートル。円形状の島で周囲にはサンゴ礁が発達する。丘陵性の地形をなし、最高峰は標高510メートルのタジャム山。西隣のバンカ島とともに世界的な錫(すず)の産地である。錫鉱の採掘は1816年オランダ政府によって開始され、現在はビリトゥン錫鉱山会社が経営し、西岸にあるタンジュンパンダンから積み出される。住民はマレー系種族と華僑(かきょう)である。[上野福男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ビリトゥン島の関連キーワードタンジュンパンダンビリトゥン[島]カリマタ海峡シンケプ島リンガ諸島ジャワ海

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android