ビル ビオラ(英語表記)Bill Viola

現代外国人名録2012の解説

ビル ビオラ
Bill Viola


国籍
米国

専門
ビデオアーティスト

生年月日
1951/1/25

出生地
米国 ニューヨーク

学歴
シラキュース大学美術学部

経歴
1972年最初のビデオテープ作品「野生の馬」を制作。ナム・ジュン・パイクらの助手を務めた。’77年カッセルの「ドクメンタ6」に出品。’80年日米友好協会の奨学金を受け、妻のキラ・ペロフと1年半日本に滞在。ソニーのビデオテクノロジーを吸収する一方、禅や能などの伝統思想・文化に影響を受け、「はつゆめ」を制作。’91年瞑想作品「ザ・パッシング/死」を発表。’93年ドイツ・メディア・アート賞受賞。’95年ベネチア・ビエンナーレにアメリカ代表として出品。’97年ニューヨークのホイットニー美術館他で大規模回顧展を開催。2003年世界巡回展「ビル・ヴィオラ:パッション/受難」が各地で大反響を呼ぶ。2005年パリのバスティーユ新オペラ座で「トリスタンとイゾルデ」のためのビデオ作品を発表。2006年東京・森美術館で「ビル・ヴィオラ:はつゆめ」を開催。他の代表作に「ラフト/漂流」(2004年)、「ビデオ礼拝所」(2012年)など。作品には生と死、再生、信仰といった宗教的、哲学的なテーマが多い。ビデオアートの第一人者といわれる。

受賞
ドイツ・メディア・アート賞(第1回)〔1993年〕;世界文化賞(絵画部門,第23回)〔2011年〕

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android