コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビンタン[島] ビンタン

百科事典マイペディアの解説

ビンタン[島]【ビンタン】

インドネシア西部,シンガポール島の南方に散在するリアウ諸島の主島。地形的にはマレー半島の延長部に当たる。丘陵性の島で豊富なボーキサイト鉱の埋蔵があり,ほとんどは日本へ輸出される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ビンタン[島]【Pulau Bintan】

インドネシア西部,シンガポールの南に隣接するリアウ諸島中の最大島。面積1075km2,人口約4万。地形的にはマレー半島の延長部にあたり,一般に平坦であるが諸所に丘陵があり,最高点は北部で360m。海岸線は複雑である。以前はガンビールノキ(薬用植物)栽培などがおもな産業であったが,現在はインドネシア最大のボーキサイト鉱の産地となっている。年産約106万tで,そのほとんどは西岸のタンジュンピナンから日本へ輸出される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android