コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビンディア山脈 ビンディアさんみゃくVindhya Range

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビンディア山脈
ビンディアさんみゃく
Vindhya Range

インド中央部を東西に延びる山脈。マディヤプラデーシュ州西端部から,ナルマダ川峡谷の北壁をなして東に走り,州中央部で北東に転じてウッタルプラデーシュ州ワーラーナシの南東に達する。長さ約 1080km。主として砂岩から成り,山頂は平坦で,ほとんど標高 800m以下。ガンジス川平原部とインド半島の高原部とをへだてる山岳地帯を形成。山脈を横断する鉄道,国道が敷設されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ビンディア‐さんみゃく【ビンディア山脈】

Vindhya Range》インド中央部、マディヤプラデシュ州にある山脈。デカン高原北部を全長約1050キロメートルにわたって東西に走り、南側をナルマダ川が流れる。平均標高約300メートル。サトプラ山脈とともにインド半島を文化的・民族的に南北に二分する。ビンジャ山脈

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ビンディアさんみゃく【ビンディア山脈】

〔Vindhya〕 インド中部、デカン高原北部のナルマダ川北岸に沿って東西に走る山脈。インド北部のアーリア系と、南部のドラビダ系の民族分布の境界線をなす。長さ800キロメートル。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ビンディア山脈の関連キーワードビンベットカのロックラージャスターン州ブンデルカンドティカムガルナルシマプルジャバルプルビンベットカジャーンシビディシャマーンドゥウジャイングワリオルゴンドワナインドールマンダソルバーグ石窟マンドゥライセンベトワ川ドラビダ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android