コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビンディヤ[山脈] Vindhya Range

世界大百科事典 第2版の解説

ビンディヤ[山脈]【Vindhya Range】

インド中央部,断続的ながらインド半島をほぼ全域にわたって東西に横断する山脈。全長約1000km。標高500~1000m,最高点でも1113mにすぎないが,南側は急崖でナルマダー川の地溝に落下する。このため,古くからデカン高原を北インドから隔離する重要な障壁をなし,現在でも北側のインド・アーリヤ系と南側のドラビダ系の民族分布の重要な境界となっている。北側はマールワ台地に向かって低下し,そこをガンガー(ガンジス)川水系のチャンバル,ベトワ,ケン,ソーンなどの大河川が北流する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android