コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビーダ ビーダ Vida, Marco Girolamo

2件 の用語解説(ビーダの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビーダ
ビーダ
Vida, Marco Girolamo

[生]1485. クレモナ
[没]1566.9.27. アルバ
イタリアの人文主義者。マントバで神学を修め,古典に親しみ,1510年ローマにおもむき,レオーネ 10世の宮廷で文名を高めた。のちにアルバの司教となり,同地に 33年間とどまった。主著は『詩の技法』 Arte poetica (3巻,1525) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビーダ
びーだ
Marco Girolamo Vida
(1485―1566)

イタリアの人文主義者、詩人、ローマ教会の高僧。教皇レオ10世クレメンス7世に重用され、トレント公会議に出席した。著作には近代最初の体系的詩論『De Arte Poetica』(1527)やキリストの生涯をたたえた詩『Christias』(1535)などがある。詩は日常の言語とは異なることを説き、詩人としては荘重で優雅な内容に簡明な文体の表現を与え、当時もっとも有名なラテン詩人であった。[浜下昌宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビーダの関連キーワードクレモナ荒くれ者隠れもない捻くれ者紛れもないクレモナ大聖堂トラッツォクレモナ派クレモナ,L.クレモナのゲラルド

ビーダの関連情報