コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビーベルバハ Ludwig Bieberbach

世界大百科事典 第2版の解説

ビーベルバハ【Ludwig Bieberbach】

1886‐1980
ドイツの数学者。ヘッセン州の小村ゴッデラウに生まれ,フランクフルト大学を経て,ベルリン大学において,主として複素関数論の分野で業績をあげた。主著《関数論教科書》全2巻(1930)は,刊行当時からこの分野の名著として,ひろく貢献し続けている。これと関連して,関数論の観点からみた常微分方程式についての著書もある。ナチスへの協力のかどで,戦後は学界から退けられた。後半生の消息はつまびらかでない。 円内単葉関数について,面積定理にもとづく古典的な理論を創始し,歪曲定理の定量化をはかった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ビーベルバハの関連キーワード黒人問題印僑ナンバースクール醸造業[各個指定]芸能部門RCA情報化社会平山郁夫ウェンツェルアフリカン・アメリカン音楽

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android