コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピッチストーン ピッチストーン

3件 の用語解説(ピッチストーンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピッチストーン
ピッチストーン

「松脂岩 (しょうしがん)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ピッチストーン

松脂(しょうし)岩とも。デイサイトまたは流紋岩に相当する化学成分をもつガラス質火山岩で水を1〜10%含むもの。にぶい樹脂状光沢をもつ。水分の由来はマグマが固結する際に地下水や海水を,あるいは近くの完晶質岩石から追い出された水を吸収したものと考えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ピッチストーン【pitchstone】

水を多量(1~10%)に含むガラス質のフェルシックな火山岩。松脂岩ともいう。緑褐色で樹脂状光沢をもつ。曲面状の割れ目がある。愛知県鳳来寺のものが有名。水が1%以下のものは黒曜岩あるいは黒曜石と呼ぶ。【宇井 忠英】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ピッチストーンの関連キーワード公式サイト公債証書ルイサイト競売サイトマグサイサイ賞シャモサイト質鉄鉱床帽章晶子カンタル岩ピッサイト粗面松脂岩

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone