コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピノッキオ ピノッキオ Pinocchio

翻訳|Pinocchio

3件 の用語解説(ピノッキオの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ピノッキオ(Pinocchio)

イタリアの児童文学者カルロ=コローディ作の「ピノッキオの冒険」の主人公いたずら好きの木の操り人形で、さまざまな冒険を経て人間の子に生まれ変わる。ピノキオ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ピノッキオ【Pinocchio】

イタリアの児童文学者コッローディ(C. Collodi1826~1890)の童話「ピノッキオの冒険」の主人公。いたずら好きな木製の操り人形で、冒険を重ねた末に人間の子供に生まれ変わる。ピノキオ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピノッキオ
ぴのっきお
Pinocchio

コッローディの児童文学作品『ピノッキオの冒険』(1883)の主人公。1本の丸太ん棒から、指物師のジェッペットじいさんによってつくりだされた操り人形のピノッキオは、できあがるとともにいたずらを始め、さんざんいたずらを繰り返したあげく、フカの腹の中に閉じ込められているジェッペットじいさんを助け出して、母親がわりの空色の髪の仙女の手で、人間の子供に生まれ変わる。『ピノッキオの冒険』の背後には、民話などの民衆的伝統がある。「むかし、むかし、あるところに」で始まる語り口や、物語のなかにいくつかの民話のつくりかえとみられるものがあることのほか、そこには、イタリアに古くからある民衆笑劇、コメディア・デラルテ(仮面劇)と人形劇の伝統が生きている。ピノッキオはその道化役、ジェッペットじいさんは老人役をモデルにしたものである。[安藤美紀夫]
『安藤美紀夫訳『ピノッキオのぼうけん』(1970・福音館書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピノッキオの関連キーワード古田足日ドン・カルロ猪野省三岡本良雄加藤多一酒井朝彦神宮輝夫関英雄槙本楠郎横谷輝

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ピノッキオの関連情報